症状

副腎皮質からアルドステロンが過剰に分泌されるために、高血圧になるもので、30〜40歳代の女性に多くみられます。

アルドステロンは、ナトリウムやカリウムの血中濃度を調整する働きがありますが、分泌過剰になると、それら塩類のバランスが崩れて血中ナトリウムの濃度が高まり、高血圧を引き起こすほか、低カリウム血症になり、四肢の脱力やまひなどが現れます。

若年性や難治性の高血圧患者のなかには、高血圧の原因を調べる際に原発性アルドステロン症が発見される場合があります。

原因

副腎皮質の腫瘍や、副腎皮質組織の異常増殖が考えられます。

治療法

腫瘍があるときは外科的に摘出します。多くの症状は腫瘍の摘出によって改善しますが、高血圧が正常化しないケースもあり、その場合は降圧薬を使用します。過形成では、アルドステロンの作用を抑える薬を使います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter