症状

声帯を動かす神経がまひして、声に異常が現れる病気です。片側の筋肉がまひした場合と、両側がまひした場合では、症状が異なってきます。

片側のまひ

軽度であれば無症状のこともありますが、多くは息がもれるような嗄声になり、ことばがとぎれとぎれになりがちです。また、唾液を誤嚥しやすく、咳が出るようになります。

両側のまひ

左右の声帯が閉じた状態で、固定すると十分な呼吸ができなくなり、まれに呼吸困難に至ることもあります。逆に開いた状態で固定すると、声が出ず、食べ物や唾液が胃ではなく、気管や肺に流れこむようになり、嚥下性肺炎を起こしやすくなります。

原因

反回神経は、膿の延髄から連なっている運動神経のひとつで、声帯を動かす働きをしています。この神経は、膿から直接喉頭につながっているわけではなく、胸部などを迂回して最終的に喉頭の声帯に到達します。このように長いルートをたどるため、さまざまな場所で障害を受けやすいのです。

とくに、左側の反回神経は右に比べて長いので、左側のまひが多いようです。

頸部の外傷や咽頭癌、甲状腺の疾患、脳血管障害、脳腫瘍、肺がん、食道がん、動脈瘤などの病気によって神経がおかされるのが原因になりますが、なかには、そうした病気がなく、原因がわからない突発性反回神経まひもあります。

治療法

まひの原因疾患を調べ、その治療を行います。

特発性の場合は、副腎皮質ステロイド薬や血行を促進する薬を服用します。また、発声練習も有効な機能訓練になります。

薬物療法や機能訓練の効果が現れず、症状が固定した場合は、声帯の形状や位置を変える手術、または声帯に厚みをもたせる手術が行われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter