症状

食べているとき、口の中に激痛が走ります。唾液の出口がふさがれて、悪化すると下あごが腫れ、舌が動かなくなります。舌の裏に異物感を覚えたり、さわると硬いものに触れたりします。

原因

唾液の中の石灰分が沈着して、医師ができます。石が小さいうちは自覚症状はあまりありませんが、おおきくなるとかなりの痛みを感じるようになります。

治療法

軽いものであれば、口の中から医師を取り出せますが、医師が大きくなってしまったときは、皮膚を切開して、唾液腺とともに除去しなければなりません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter