症状

外耳道にジクジクした湿疹ができます。耳から水が出てきたり、慢性化してかあぶたができることもあります。かゆみがひどく、かき壊して外耳炎になることがあります。

原因

接触性皮膚炎や脂漏性湿疹が、耳にまで延長して発症することがあります。中耳炎で出てきた耳だれや、頭や顔の湿疹から生じることもあります。

治療法

できるだけ触れないようにすることが大切です。

通常は患部を清潔にし、適切なステロイドの軟膏を使用しますが、自分で処置するより、まず耳鼻咽喉科を受診し、治療を受けるのがいちばんです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter