症状

外耳道に異物が入り込んで取れなくなるものです。耳が聞こえにくくなるだけでなく、異物によっては外耳道が傷ついたり、鼓膜が破れたりすることもあります。

原因

小児の場合は、何の気なしに自分で小さな物を耳に押し込んでしまうことがあります。

豆類や紙、ビーズ、おもちゃやその部品などがよくみられます。大人でも、耳垢を取っていた綿棒の先、たんぽぽの綿毛や種、昆虫などが入ることがあります。

治療法

幼児の場合は、ことばで説明できない場合もあるので、様子がおかしいと感じたときは、耳鼻咽喉科で診てもらいます。昆虫が入ったときは、応急手当として、光を当てて虫をおびき出す方法もありますが、中で暴れて外耳道や鼓膜を傷つけてしまうこともあります。

耳鼻咽喉科では、麻酔薬を入れて殺虫してから取り出します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter