症状

外陰に強いかゆみを感じるようになります。

原因

外陰炎、膣炎、全身性の病気、ビタミン不足などのほか、外陰パジェット病という特殊な病気の初期症状でも認められます。

治療法

原因疾患を調べて、その治療を行います。原因がわからない場合は、かゆみを止める抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、ビタミン剤などを用います。

外陰部の症状には、かゆみや炎症を抑える軟膏を塗布します。

ケースによっては、精神安定薬が効果を発揮することもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter