症状

多発性と名がつくように、数々の神経症状がみられます。典型的な症状は視力障害で、複視(ものが二重に見える)や視力低下、痛みなどが起こります。手足の力が抜ける、動きがぎこちなくなるなどの運動障害もよくみられます。

そのほか、体の一部がチクチク刺されるような異常感覚やしびれ、痛みをともなうこともあります。

30歳前後に発症しやすく、寛解(症状が消失すること)と再発を繰り返すうちに重症化していきます。

多発性硬化症のなかには、両眼の視力障害と横断性脊髄炎(歩行障害や下半身の感覚障害が起こる病気)が数週間内に相次いで現れるものがあり、これを視神経脊髄炎(デビック病)といいます。

原因

原因は不明ですが、なんらかの影響で、中枢神経(脳と脊髄)の白質が損傷を受けて発症します。白質には、運動や間隔などの情報を伝える神経線維が集まっていますが、この遷移にはミエリン(髄鞘)という物質が巻きついています。ミエリン軸索という電線を包む絶縁体のようなもので、情報を性格に、速く伝える役割を果たしています。

多発性硬化症は、中枢神経のところどころにミエリンの脱髄(変性して脱落すること)が生じ、神経伝達に支障をきたすために起こると考えられています。

治療法

完治させる方法はありませんが、症状が強く現れたときには入院し、安静を保つようにします。急性の症状を軽減させるためには、副腎皮質ステロイド薬が使われます。

症状が軽い慢性期には、それぞれの症状に応じた薬が用いられます。

また、規則的な運動習慣などが症状の悪化を防ぐこともあるため、理学療法も重要になります。

寛解しても、ストレスやかぜなどの感染症で再発することがありますから、油断できません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter