症状

好酸球とは白血球のひとつで、体内に侵入してきた異物を排除する免疫系の役割を担っています。この好酸球が肺に異常に集まって組織を攻撃するために、炎症が起こるものです。

咳や発熱などの症状が1ヶ月ほどで自然に治る軽度のもの、中年女性に多く喘息発作をともなうもの、急速に進行して呼吸不全をきたすものがあります。

そのほか、肺だけでなく全身が好酸球におかされ、体重減少や皮疹がみられる病型もあります。

原因

薬の副作用、寄生虫による感染、体内でのカビの増殖などが考えられますが、多くは原因不明です。

治療法

すべての病型に、副腎皮質ステロイド薬が有効です。重症の場合は、必要に応じて人工呼吸器で呼吸を管理し、副腎皮質ステロイド薬を使用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter