症状

子宮の体部(子宮内膜)にできるがんです。初期症状として、不正性器出血や、水っぽいおりものがみられます。進行すると、子宮頸がんと同様に、出血が持続するようになり、おりものが悪臭をともなうようになります。

進行は子宮頸がんよりゆるやかですが、放置するとがん性腹膜炎や敗血症、尿路感染などを起こすことがあります。

原因

閉経後の50〜60歳の女性に多く、卵胞ホルモン(エストロゲン)との関連が深いと考えられています。未婚、未出産、高齢出産なども危険因子のひとつとされています。

そのほか肥満や高血圧、糖尿病などの持病がある人は、発症率が高いとされています。

治療法

通常は、手術で子宮と卵巣を摘出します。がんの範囲や転移の状態によっては、リンパ節も摘出することがあります。

初期であれば5年生存率は90%以上です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter