症状

子宮は、洋なしのような形をしていて、そのくびれた部分を境にしておなか側に傾いている(前屈)のがふつうの状態です。それがうしろ側に傾いているため、生理痛や下腹部痛が起こりやすくなります。

原因

多くは先天的ですが、子宮内膜症などがあると、ほかの臓器と癒着を起こし、その結果、子宮後屈になることがあります。

治療法

先天的で無症状なら、とくに治療の必要はありません。中薬によって後屈になっている場合は、手術が行われることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter