症状

亀頭や包皮、陰嚢、肛門周辺などに1個から複数のイボができます。最初は米粒大で皮膚と同じ色か乳白色ですが、乳頭状に発育することもあります。

ふつうは痛みをともないませんが、炎症を起こすと痛みが生じます。

原因

性交渉によって、ヒトパピローマウイルスの6型や11型に感染して起こる性感染症です。

潜伏期間が約3ヶ月と長く、感染してもすぐに症状は出ません。組織を採取して調べると診断できます。

治療法

イボを液体窒素で凍結させて取る、局部に麻酔をかけてメスで切り取る、電気屋レーザーで焼き固めるなどの方法がとられます。抗悪性腫瘍薬の軟膏を塗布したり、抗ウイルス作用のある注射で治療する場合もあります。

潜伏期間が長く、治ったと思っても症状が再発することがあり、根気よく治療する必要があります。予防として、性交時にコンドームを用います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter