症状

脳の下垂体から分泌される抗利尿ホルモンが減少し、多尿、口渇、皮膚・粘膜の乾燥、倦怠感などの症状が現れる病気です(中枢性尿崩症)。

また、抗利尿ホルモンは正常に分泌されていても、それに反応する腎臓に障害があると、ホルモンを正常に受け取れなくなり、症状が現れる場合もあります(腎性尿崩症)。

原因

中枢性の場合は脳腫瘍や頭部外傷、炎症などが原因になります。腎性尿崩症には腎臓の炎症に基づく続発性腎性尿崩症と、先天性の場合があります。

治療法

中枢性尿崩症の場合は、抗利尿ホルモン薬のデスモプレシンを1日数回点鼻します。腎性尿崩症では、脱水症状を予防するために、のどが乾いたらすぐ十分な量の水を飲むようにします。非ステロイド系抗炎症薬は、尿量を減らす効果がある場合もあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter