症状

気管支の粘膜に炎症が起こる病気で、多くは、かぜやインフルエンザのあとに続いて発症します。激しい咳や痰が特徴で、そのために胸痛を訴えることもあります。かぜの症状を引きずることも多く、発熱や頭痛、関節痛などをともなうこともあります。

原因

ウイルスの感染によるものがほとんどです。原因となるウイルスはかぜ症候群と同じ、ライノウイルスやパラインフルエンザウイルスです。ウイルス以外にはも、微生物のマイコプラズマや細菌が原因になることもあります。

治療法

ウイルスを殺す薬はなく、対処療法に限られます。かぜ薬や鎮咳薬などで咳や痰の症状を抑えます。保温・保湿、水分の補給に努めながら安静にしていれば、通常1週間程度で自然に回復します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter