症状

炎症によって胃粘膜が損傷し、びらん(粘膜表面の欠損)、潰瘍(粘膜下層まで欠損が進行し、陥没した状態)、出血などをともなった病変をいいます。みぞおち付近の激痛、嘔吐に加え、吐血や下血がみられることもあります。

原因

飲酒や更新料の過剰摂取、薬の副作用、感染症、ストレスなど、急性胃炎と同じです。

治療法

まず、げんいんになる 物質を除去します。そのうえで、絶食し、天敵による栄養補給と胃酸分泌抑制薬の服用を行います。出血がひどい場合は、止血も行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter