症状

膵臓でつくられる膵液には、たんぱく質や脂肪を分解する消化酵素が含まれています。これらの酵素は、膵臓内ではなく十二指腸に届いてから活性化して消化機能を発揮します。それが、なんらかの原因によって、膵液が膵臓内にあるうちから活発になりすぎて、膵臓内に炎症を引き起こすものと考えられています。

上腹部痛が背中まで広がり、嘔吐、発熱、ときには黄疸もみられます。重症化すると、多臓器不全におちいり、死に至る危険性もあります。

原因

大量の飲酒や胆石症によるものが多いのですが、原因不明の膵炎もあります。

治療法

絶食し、点滴で栄養補給しながら安静を保ち、感染予防のために抗菌薬を服用します。

胆石症の場合は、結石を除去する手術を行います。

治癒後も過度の飲酒は避けるようにし、たんぱく分解酵素阻害薬も服用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter