症状

軽い炎症が、長期間にわたって続きます。喉の違和感や声がれ、咳、痰をともないます。のどが乾燥する感じがしたり、「オエー」と吐きやすくなるのも特徴です。

原因

喫煙や声の出しすぎ、刺激性のガス類やほこりの吸入、大気汚染などによって、喉の粘膜がたえず刺激されることで起こります。

また、急性咽喉頭炎を繰り返して慢性化することもあります。

治療法

慢性化した原因を取り除くことが先決です。タバコやアルコール、その他の刺激物を控えるとともに、うがいを励行します。対処療法として抗菌薬を使います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter