症状

咳と痰の症状が3ヶ月以上続き、一度症状が治まっても、繰り返し症状が起きる病気です。中年以降の喫煙者に多く、咳とともに粘り気のある痰が出るようになります。

症状が進むと呼吸困難や息切れを起こすこともありますが、気管支喘息とは異なり、ゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴は聞かれません。

原因

発症の直接の原因は不明ですが、長期にわたる喫煙習慣がかかわっています。たえずたばこの刺激を受けることで、気管支内の粘膜から粘液や分泌物が過剰に放出され、痰が増えるのではないかとみられています。

また、慢性的な副鼻腔炎(蓄膿症)と合併するケースも多いことがわかっています。

治療法

喫煙者の場合は、たばこをやめることが先決です。痰の症状には去痰薬、息切れには気管支拡張薬が有効です。

病気がある程度進行してしまうと完治させるのは難しくなります。

かぜをひいたりすると重症化しやすいので、感染予防に努めることも大切です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter