症状

ギランバレー症候群と似ていますが、慢性的な経緯をたどります。両下肢先端の脱力から始まり、やがて、まひや感覚異常が起こってきます。まひは上に向かって進行していくのが特徴です。

症状は1〜2週間で急速に進行し、歩行障害を起こしたり、しびれが頭や顔に広がることもあります。

原因

原因は不明ですが、自己免疫異常によって生じる末梢神経の脱髄が関与していると考えられます。

治療法

γ-グロブリンという、免疫にかかわる血液中のたんぱく質に異常があることから、これを正常なものに置き換えるために、血漿交換と正常なγ-グロブリンを大量服用する治療法を行います。併せて副腎皮質ステロイド薬が用いられることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter