症状

咳や痰が連日続き、体を動かしたときなどに息切れを起こすようになります。症状はゆっくり進行し、息切れがひどくなって日常生活に支障をきたすようになります。さらに重症化すると、慢性呼吸不全におちいり、心不全や重い肺炎を併発して、死に至ることがあります。

原因

喫煙者に多くみられる病気です。たばこの有害な粒子やガスを長期間吸い続けたため、肺に慢性的な炎症が起こっている状態です。分泌物や痰が増えて気管支の内腔が細くなったり、肺胞の壁も破壊されて、酸素と二酸化炭素のガス交換がスムーズにいかなくなります。その結果、体内が酸欠状態になり、息苦しくなるのです。

治療法

症状の程度によって治療法も異なりますが、いずれも禁煙することから治療が始まります。中等度の場合は、呼吸を楽にするための薬物療法(気管支拡張薬の吸入、痰を出しやすくする去痰薬の服用)、呼吸機能の低下がみられる場合は、現在の呼吸機能を効率的に生かすための訓練(呼吸リハビリテーション)が行われます。重症患者の呼吸不全を改善するためには、酸素吸入療法が必要になります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter