症状

横隔膜は肺の下側を支えている筋肉でできた膜で、空気を吐き出すときには下から押し上げて肺を縮め、空気を吸い込むときはゆるめて肺をふくらませます。この横隔膜になんらかの原因で裂傷ができ、腹部の臓器が胸のほうに飛び出してしまった状態を横隔膜ヘルニアといいます。

症状は飛び出した臓器によって異なりますが、たとえば横隔膜にある、食堂を通す孔などから胃が脱出した場合は、吐き気や嘔吐、胸やけなどが起こります。

原因

多くは先天的な胸腹膜孔の閉鎖不全によるもので、後天性のものでは、肥満や妊娠などによって腹部の臓器が圧迫されることや、外傷などが原因になります。

治療法

先天性異常の場合は、孔をふさぐ手術を行います。後天性の場合で、胸やけ程度の軽い症状の場合は、胃酸の分泌を抑える薬などを用いる内科的治療ですむこともあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter