症状

歯槽膿漏とも呼ばれます。まず、歯がグラグラし始め、浮いたような感覚があり、物がかみにくくなります。炎症が起きると、噛み合わせただけで痛みを感じます。歯肉に膿瘍ができると、痛みはますます激しくなり、腫れ、出血がみられるようになります。うみがたまるので、口臭も強くなります。

原因

口内の細菌が増殖してできるプラーク(歯垢)が最大の原因です。歯と歯肉の間にプラークがたまると、プラークの中の細菌が有害物質を発生し、歯肉に炎症を引き起こします。

有害物質は歯肉溝に潜り込んで、周囲の歯肉に炎症を広げていきます。炎症が進行すると、歯肉溝がだんだん深くなり、歯周ポケットができます。歯周ポケットで細菌が増殖すると、歯周組織全体(セメント質、歯槽骨、歯根膜など)が破壊され、歯を支えきれなくなってしまいます。

歯並びが悪い人や、合わない義歯(入れ歯)をつけている人などは、プラークがつきやすくなります。

糖尿病や肝機能障害などの全身疾患、喫煙、過剰なストレスなども歯周炎を悪化させることがわかています。

治療法

軽度のものは、歯間ブラシなどを使って歯垢を除去したり、専用のブラシで歯肉をマッサージすることで、進行を防ぐことができます。

進行している場合は、歯肉を切開して歯石(歯垢が石灰化したもの)をかき出したり、歯周ポケットを閉じる手術が行われます。

歯がぐらついているときは、しっかりしている歯と金属線やレジンなどで連結して固定する方法もとられます。

手術後は、プラークコントロールを続けることと、定期的に歯科で歯のクリーニングを受けることが望まれます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter