症状

歯根の突端部に多少の違和感がある以外は、とくに自覚症状がありませんが、噛むと歯が浮くような感覚があります。とくに、上の前歯に多くみられます。

原因

虫歯を放置したり、治療が不完全だったりすると、歯髄に細菌が感染して歯根膜炎を起こします。それが慢性化して、歯根の先端に膿疱(液のたまった袋)ができた状態です。

治療法

軽いうちは虫歯の治療を行えば治りますが、多くは歯根の嚢胞を除去する手術が必要になります。嚢胞が大きい場合は、抜歯をすることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter