症状

日光に過敏に反応して起こる皮膚炎、寒冷刺激によって起こるじんましん、運動後に起こる気管支喘息などがあります。

食物依存性運動誘発性アナフィラキシーは、小麦やエビ、カニなどを食べたあとに運動すると、全身のじんましん、呼吸困難、下痢などを起こす病気です。予防法は、食後2時間は運動をしないことです。

原因

温熱、寒冷(冷たい風、寒い場所など)や日光、激しい運動などが刺激となってアレルギー反応を引き起こします。

治療法

気管支喘息の発作やアナフィラキシーショックが起きたときは、救急処置が必要です。

じんましんや皮膚炎などに対しては、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬による対処療法を行います。日常生活では、原因になる物理的刺激を避けるようにします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter