症状

男性側になんらかの原因があって、ふつうに性交渉をしても女性が妊娠しない場合を、男子不妊症といいます。

男子不妊症では、精液中に精子がまったく存在しない無精子症、精子の数が少ない乏精子症、数は十分でも正常な活動能力のない精子無力症などのタイプがあります。

原因

大きく分けると次の3つのケースがあります。

  1. 精巣で十分な精子をつくることができない
  2. 精子の運動性や受精能力の低下
  3. 精巣上体や精管、精嚢、前立腺など精子の輸送路での通過障害

これらの障害が起こる原因には、脳下垂体から出る性腺刺激ホルモンの不足や、精嚢炎、精巣上体炎、前立腺炎、精索静脈瘤、停留精巣などがあり、検査によってある程度特定できます。しかし、大半は検査を行っても原因がはっきりしない突発性乏精子症です。

治療法

原因によって、次のような治療を行います。

外科的治療

精路(精子の輸送管)に通過障害がある場合に行う手術です。顕微鏡を使って、精路となる器官をつなぎ直します。治療効果は、障害のある部位と程度によって異なります。精索静脈瘤による精巣障害では、精巣静脈の結紮手術を行うと比較的高い効果が得られます。

内科的治療

性腺刺激ホルモンの不足が原因の場合は、駐車によるホルモン療法が有効です。

細菌感染が原因の前立腺炎や精嚢炎は、抗菌薬の内服が効果的です。

原因不明の特発的乏精子症にはビタミン剤、漢方薬などが用いられますが、治療効果はあまり期待できません。

人工授精

自然な妊娠が不可能な場合は、人工授精も選択肢のひとつになります。精子を直接子宮に入れる方法のほか、体外受精・胚移植などの方法もあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter