症状

直腸が肛門から外に脱出した状態をいいます。初期には排便時にいきんで腹腔がかかったときなどに脱出しますが、しだいに出たままの状態になり、指で押し入れても戻らなくなります。

脱出の程度は、3〜4センチメートルから10〜20センチメートルくらいまで幅があります。症状が続くと肛門括約筋がゆるんだままになります。

原因

便秘や排便障害が原因になります。温水洗浄便座を強い水流で頻回に使用することでも起こることがあります。

治療法

子どもの直腸脱は、排便習慣を改善することで自然に治ります。大人の場合は手術が必要になります。手術には、開腹して直腸を引き上げ、骨盤内に固定する方法や、ダッシュした直腸を肛門側から縫い縮める方法などがあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter