症状

悪寒と38〜40度の発熱、陰嚢の腫れと痛みがほぼ同時に起こります。ひどくなると陰嚢は赤くなって熱をもち、下腹部まで痛みが広がります。急性の場合は、精巣炎と同様です。

原因

精巣上体(副睾丸)が細菌やクラミジアに感染して起こります。尿道炎や前立腺炎、膀胱炎などを起こした細菌が精管を通って感染することが多く、たいていは片側のみで起こります。両側に起こると不妊の原因になることがあります。

慢性の場合は、精巣炎と同様に結核感染によるものがほとんどです。

治療法

原因菌に効く抗菌薬を内服し、痛みを緩和するために冷湿布を用いて陰嚢を冷やします。腫れや痛みが強い場合は、サポーターで固定すると楽になります。

急性の症状は1週間ほどで消えますが、しこりがとれるまでには2ヶ月ほどかかるので、その間は過労を避け、飲酒や性交渉を控えます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter