症状

糖尿病によくみられる三大合併症のひとつです。初めはとくに自覚症状がありません。進行した段階で黄斑部に異常をきたし、ものがゆがんで見えたり、ぼんやりと見えるようになります。重症化すると失明に至ります。

原因

病期の進行は3段階に分けて考えられます。それぞれ「単純糖尿病網膜症」「前増殖糖尿病網膜症」「増殖糖尿病網膜症」と呼ばれますが、このうち前増殖糖尿病網膜症の段階までに治療を始めることが大切です。

高血糖が長期間続くと、網膜の血管に異常が生じます。網膜から、もともとあるはずのない血管(新生血管)が伸びてきます。新生血管はもろいため、ちょっとしたことで破れ、硝子体内で出血を起こしてしまいます。それによって飛蚊症や視力低下を起こしますが、さらに出血を繰り返すと、網膜上に増殖組織が生まれて網膜を無理に引っ張り、網膜剥離の原因になります。

治療法

まず眼底検査を行います。網膜の毛細血管に動脈瘤や点状出血がみられるのが特徴です。進行すると、浮腫、さらに新生血管、硝子体出血、増殖組織も認められるようになります。

なるべく早い時期に治療を開始しないと、視力を元に戻すことはできません。糖尿病になったら、網膜症という合併のおそれはついてまわります。診断がなされた段階から、定期的に眼底検査を受けるようにしましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter