症状

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足したり、インスリンの作用が低下したりする病気です。インスリンには、血液中のブドウ糖を細胞に取り込み、エネルギー源として筋肉に蓄えたり、脂肪として長期的に貯蔵するのを促進する働きがあります。

インスリンの作用が低下すると、血液中のブドウ糖が細胞で利用されないため、血液中の濃度が上昇し(血糖が上がり)、尿中にも糖が混じるようになります。

ただし、初期には自覚症状は現れません。病状が進むと、のどの渇き、多尿、倦怠感、体重減少などの症状がみられるようになります。

この病気が進行すると、細小血管がおかされ、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などの合併症が現れます。

また、メタボリックシンドロームと呼ばれる病態に加え、喫煙などの多くの危険因子が重なっていると、動脈硬化を基盤とした大血管障害を合併し、脳梗塞や心筋梗塞など、生命にかかわる病気を引き起こします。

原因

子どもや若年者に発症する1型糖尿病と、中年以降に発症する2型糖尿病があります。1型は、なんらかの原因で膵臓のインスリンをつくる細胞が破壊され、インスリンが産生できなくなるタイプです。

2型は、インスリンの産生量には問題がないのに、うまく作用しないタイプです。

1型は原因不明ですが、2型は遺伝的体質に加え、過食や運動不足などの生活習慣要因が絡んでいるとみられています。

日本人の糖尿病の9割以上は2型糖尿病です。

治療法

1型の場合は1日数回インスリンを注射して補充するインスリン療法が欠かせません。

2型の場合は、食事療法と運動療法を中心に行い、効果が得られない場合は薬物療法を用います。

食事療法

自分の体格や活動強度に基いて求められる1日の総エネルギー摂取量をきちんと守り、糖質・たんぱく質・脂質などの栄養素をバランス良く摂取するよう心がけます。食事療法をおろそかにすると、インスリン注射をしても効果が上がらないので、医師や栄養管理士の指導に従うことが大切です。

運動療法

30分以上の有酸素運動を毎日続けます。運動によって、インスリンの作用効果を向上させることができます。ただし、運動療法も医師のアドバイスを受ける必要があります。

薬物療法

2型糖尿病では、経口血糖降下薬が用いられます。スルホニル尿素薬、ビグアナイド薬、α^グルコシダーゼ阻害薬、インスリン抵抗性改善薬などを、必要に応じて医師が処方します。1型と同様にインスリン療法を並行して治療する場合もあります。

自己血糖測定

治療の硬化や自分の健康状態を把握するために、患者は日常的に血糖値を測定する必要があります。自宅や外出先でも簡便に血糖値が測定できる機器が普及しており、それを活用して毎食前後に血糖値を測定・記録し、その結果を治療に生かすことが望ましいのです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter