症状

ウイルス性髄膜炎と同様の症状が現れますが、ウイルス性より危険度が高くなります。炎症が悪化して脳に広がると、けいれんや意識障害、昏睡を起こすことがあります。

日本での発症は少なくなっていますが、髄膜炎菌性髄膜炎(流行性髄膜炎)は、敗血症をともなうことが多く、その場合は皮下出血を起こしたり、ショック状態におちいることがあります。

原因

細菌が脳と脊髄をおおっている髄膜に入り込み、炎症を起こすものです。原因菌は、肺炎球菌やインフルエンザ菌、大腸菌、連鎖球菌、リステリア菌、髄膜炎菌などで、体力が衰えている人や乳幼児、高齢者が感染すると発症しやすくなります。

治療法

通常は入院による治療が必要です。脳脊髄液を採取して、病原菌を特定する髄液検査を行い、その病原菌に最も効果のある抗菌薬が用いられます。

ただし、すでに重い症状が現れている場合は、検査の結果を待たずに、抗菌薬による治療を開始します。

嘔吐が激しく、食事や水分がとれない場合は、脱水症状を起こす危険があるので、必要に応じて点滴治療を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter