症状

直腸と肛門の境目付近の上皮が炎症を起こして、突起した状態をいいます。ポリープが小さいときは、特別な症状は現れません。大きくなると、排便時に出血したり、肛門から直腸が脱出することもあります。

ポリープの周囲が避けて裂肛を起こすと痛みます。肛門ポリープは、がん化する心配はありません。

原因

下痢や便秘などを繰り返したり、もともと裂肛、痔核、痔瘻などがあり、肛門内が刺激されたり、炎症が起きたりすると、ポリープができやすくなります。

治療法

通常はそのままにしておきますが、症状がある場合は手術で切除します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter