症状

肝臓にできるがんの9割を占めているのが、肝細胞に発生する肝細胞がんです。一般に、肝臓がんといえば、肝細胞がんのことを指します。

発症初期は、全身倦怠感、腹部膨満感、上腹部痛、食欲不振などがみられます。進行すると、腹水や黄疸、体重減少をきたします。

さらに、肝臓がんが破裂したり、消化管出血が起こると、突然の腹痛と貧血状態におちいります。

原因

肝臓がんの7割はC型肝炎から、2割はB型肝炎から進行します。これらのウイルス性肝炎が慢性化し、肝硬変に移行するケースでは、肝臓がんに進行する確率が高いことがわかっています。

治療法

肝機能がある程度保たれていて、転移がないなどの条件に適応すれば、がんを切除する手術療法が行われます。

早期の場合は、ラジオ波、マイクロ波や、エタノール注入療法が有効です。また、がんに酸素を供給している血管を人工的にふさいで、がん細胞を死滅させる肝動脈塞栓術も行われます。

肝機能が低下し、それらの治療法が適さない場合は、抗悪性腫瘍薬の動脈内注入が有効です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter