症状

肺のなかで酸素と二酸化炭素の交換を行っている肺胞と呼ばれる小さな袋の壁が破壊されてくっつき合い、大きな空気の袋(膿疱)になってしまう病気です。一度つぶれてしまった肺胞は、弾力性を失い、もとのように伸縮することができなくなります。その結果、呼吸が十分にできなくなり、息切れがしたり、かぜなどがきっかけとなって症状が悪化し、呼吸困難が起こるようになります。

肺気腫の患者の大半は慢性気管支炎をともなっており、その場合は、慢性閉塞性肺疾患という病名がつけられます。

原因

最大の原因は喫煙習慣にあります。たばこに含まれる刺激物質によって気管支や肺が慢性的な炎症を起こすものです。

治療法

膿疱化した肺胞をもとどおりにすることはできません。まずは禁煙をし、症状の悪化を防ぎます。そのうえで、息苦しさや咳などの症状を取り除くために、気管支拡張薬の吸入などを行います。

症状の改善がみられない場合は、副腎皮質ステロイド薬を使用することもあります。薬物療法と併せて、残された呼吸機能を効率的に活用するための呼吸リハビリテーションも行われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter