症状

胃粘膜から発生するがんの総称です。症状初期には特別な症状は現れません。上腹部痛や吐き気、胸やけなどがみられることもありますが、食べ過ぎや胃炎などの症状と変わらないので、がんとは気付かず、健診などで発見されます。がんが進行すると、腹痛や胃の不快感、嘔吐が強くなり、吐血や下血が現れ、やがて全身けん怠感や体重減少なども顕著になってきます。

原因

発症の原因はわかっていませんが、胃炎や萎縮した粘膜が腸の粘膜に置き換わってしまう過程を経て、がん化すると考えられています。粘膜の病変にはヘリコバクター・ピロリ菌の関与も指摘されていますが、詳細なしくみは明らかにされていません。

治療法

胃粘膜内にとどまっている早期がんでは、内視鏡的粘膜切除術(病巣を浮かせて高周波で切り取る方法)が行われることもあります。ただし、進行したがんやリンパ節転移が疑われるがんでは、原則として開腹によって外科手術が、腹腔鏡下切除術をおこないます 。

がんの大きさや一、粘膜下に浸潤している程度、リンパ節転移の有無によって、切除する部位や範囲は異なりますが、浸潤が激しく、転移も多い場合は、胃全体を摘出することもあります。

胃の切除後は、残された胃と食道や小腸をつなぐ、再建術も行われます。進行がんの場合は、外科手術と併せて化学療法を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter