症状

胃酸が過剰に分泌される状態で、胃内の酸度が異常に高くなり、胸やけやゲップ、呑酸(胃液が口までこみあげ、口の中が酸っぱくなる状態)、空腹時の胃の痛み、胃もたれなどの症状が現れます。

原因

胃酸を分泌する細胞の増加や、中枢神経からの胃酸の分泌を促す刺激に対する過剰反応が考えられますが、詳細な原因はわかっていません。

治療法

胃酸分泌抑制薬(H2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬)を服用します。

日常生活では、香辛料や炭酸飲料、コーヒーなど、胃酸の分泌を促す食品は控えるようにします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter