症状

胆嚢良性腫瘍の一種です。胆嚢壁が慢性炎症を起こし、肥厚化した状態ですが、病的なものではありません。

ふだんは無症状ですが、食後に上腹部痛(鈍痛)を覚えることもあります。健診の際に見つかるケースが少なくありません。

原因

胆嚢壁の慢性炎症が誘発するとみられています。炎症には、形成された結石が関与している場合もあります。

治療法

症状がなければ治療の必要はなく、経過観察を続けます。ただし、胆石症を合併しているときや、筋腫と悪性腫瘍の鑑別が困難な場合は、胆嚢摘出術が行われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter