症状

肝臓外の胆管にできたがんのことです。胆管内にがんができると内腔が狭くなり、閉塞性黄疸を引き起こし、尿中にもビリルビンが溶け出して茶色い尿がでます。

黄疸にともなって、皮膚のかゆみや食欲不振、体重減少なども起こります。また、胆汁が腸内に届かなくなるために、便の色が白っぽくなります。

原因

原因は不明ですが、胆汁のうっ滞や炎症が、がんの発生を促すと考えられています。

治療法

外科手術が基本です。術後に出血や合併症を起こすおそれがあるため、手術が適応となるのは1期・2期のがんに限られます。がんのある部位によって、胆管とともに肝臓や十二指腸、膵臓を一緒に切除しなければならないケースもあります。

また、進行がんでは放射線療法や抗悪性腫瘍薬による治療が行われることもありますが、一般的に予後は不良です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter