症状

主に運動障害がみられ、歩くときにふらついたり、字がうまく書けないなど手作業に支障をきたしたり、話をするときに舌がもつれるなどの症状が起こります。こうした症状が少しずつ進行していくのが特徴です。

そのほか、病型によっては、立ちくらみや発汗傷害、排尿障害などの自律神経症状や、末梢神経障害による筋肉の萎縮などの症状がみられるものもあります。

脊髄小脳変性症は、症状などの違いによって、いくつかの病型に分かれています。日本人に最も多いのは、中年以降に発症するオリーブ橋・小脳萎縮症です。遺伝性はなく、歩行障害や手の動きの障害がみられ、しだいにパーキンソニズム(ふるえや筋肉のこわばり)、自律神経症状が現われてきます。

そのほか、遺伝性のある病型には、ジョセフ病(運動障害やジストニーなどの症状)、ホルムズ型(無意識に起こる眼球の往復運動や歩行障害などの症状)があります。

原因

原因は不明ですが、検査をすると小脳や脳幹に萎縮が認められます。なんらかの影響で小脳や脳幹の一部が変性し、これらの部位がつかさどっている運動機能や言語機能などに障害が生じるとみられています。

治療法

根治させる方法はなく、それぞれの症状を軽減させる対処療法が中心になります。

運動障害に対しては甲状腺刺激ホルモン分泌促進ホルモン(TRH)が効果を示すことがあります。パーキンソニズムには抗パーキンソン薬が使われます。

薬物療法とともに、症状に合わせて言語療法や、リハビリテーションが行われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter