症状

結核菌が腸に感染することによって起こる病気で、腹痛、下痢、発熱などの症状が慢性的にみられます。症状が重くなると、出血が起こり、腸閉塞が起きることもあります。

原因

かつては、肺結核の患者が飲み込んだ結核菌が腸に達し、感染するケースが多くみられましたが、細菌では肺結核がなく、腸に初感染するケースが増えています。

治療法

抗結核薬(リファンピシン、イソニコチン酸ヒドラジド、硫酸ストレプトマイシンなど)を長期間服用すれば、ほとんどのケースで完治します。

ただし、症状が軽快しても、体内の結核菌が絶滅するまで、服用は一定期間続けなければなりません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter