症状

なんらかの原因で腸管がふさがり、食物や消化液などの内容物の通過障害が起きた状態です。小腸にも大腸にも起こる可能性があります。

差し込むような痛み(疝痛)とともに、腹部の張り、吐き気や嘔吐があり、便やガスがまったく出なくなります。

血流障害をともなうケース(絞扼性イレウス)は就床化しやすく、腸管が壊死を起こし、孔があいて腹膜炎を合併することがあります。

腹膜炎を併発するとショック状態になり、生命の危険もあります。

原因

開腹手術後に起きる腸管癒着や、腫瘍による閉塞、腸捻転(腸がねじれる状態)などが原因に成る機械的イレウスと、腸管運動の低下や腸管のまひ、けいれんなどが原因に成る機能的イレウスに分けられます。

治療法

絞扼性イレウスの場合は、緊急手術が必要です。

それ以外のイレウスでは、胃や腸管内の内容物をチューブで吸引して消化管内の減圧を図ります。それとともに、嘔吐や吸収障害によって体内で不足している電解質を補うために、輸血療法を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter