症状

小腸の大部分と大腸の右半分に血液を送っている腸間膜動脈の内腔が狭くなり、血流が途絶え、腸管の壊死が起きる病気です。

突然激しい腹痛を覚え、腹部がふくらんだり、嘔吐や血便が出たりします。放置するとショック状態になり、生命の危険もあるため、早急な救命処置が必要になります。

原因

心房細動のある人や心筋梗塞の既往のある人は、血栓ができやすく、それが大動脈を経由して腸間膜動脈へと流れこみ、血管を詰まらせる可能性があります。

腸間膜動脈にできた動脈硬化が原因になることもあります。

治療法

開腹手術によって、血栓を除去し、閉塞部位を開通させ、壊死した腸管は切除します。発見が遅れると、腸管の壊死が進み、手術をしても救命が困難になるケースが少なくありません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter