症状

腹腔と腹部の臓器をおおっている腹膜になんらかの原因で細菌が感染し、炎症を起こす病気です。突発的に発症し、急速に症状が悪化する急性腹膜炎と、慢性的に症状が進行する慢性腹膜炎があります。発症初期は、炎症は一部にとどまり(限局性腹膜炎)、部分的な腹痛を覚える程度ですが、炎症が広がると(汎発性腹膜炎)、腹部全体の痛み、発熱、嘔吐などがみられ、全身状態が悪化します。適切な処置を行わないと、ショック状態におちいり、生命の危険もあります。

原因

急性腹膜炎は、虫垂炎や膵炎、胆嚢炎、腸閉塞による組織の壊死、子宮や卵巣の炎症などのほか、手術後の合併症として発症することもあります。

慢性腹膜炎は、開腹手術後の合併症として起こったり、肺結核を起こす結核菌が腹膜に感染したり、がんが腹膜全体に広がるなどして発症します。

治療法

急性腹膜炎では、開腹して病巣を切除し、腹腔内にたまっているうみを取り除く手術が行われます。同時に、炎症の原因になっている細菌を死滅させるために抗菌薬を服用し、点滴による栄養補給などを施します。

慢性腹膜炎では、原因疾患の治療と並行して、抗菌薬を服用しますが、腸管の通過障害などの症状が改善されない場合は、手術が行われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter