症状

なんらかの原因で、肺を包んでいる胸膜に孔があき、肺の中の空気が胸腔にもれてしまい、肺をしぼませてしまう病気です。典型的な症状は胸痛と息切れです。胸痛は、気胸を起こした側の胸に、突然起こります。

原因

肺嚢胞が破れて発生することがほとんどで、長身・痩せ型の青年に多く発生します。また、肺気腫や慢性閉塞性肺疾患の患者に発症することもあります。

治療法

程度が軽い場合は、安静にしていれば軽快することもあります。通常は、肺からもれた空気を抜く治療(脱気療法あるいは胸腔ドレナージ)が用いられます。空気のもれが止まらない場合や再発を繰り返すときは、胸腔鏡という内視鏡を使って、膿疱を縫縮したり切除する手術が行われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter