症状

舌がただれ、潰瘍などができることもあります。ものを食べると、しみたり、接触痛を感じます。

原因

全身的な疾患の一症状として現れる場合と、歯や歯にかぶせた金属冠などの刺激が原因になる場合があります。

治療法

過労や栄養不足(ビタミンB2欠乏、貧血など)、全身疾患がみられるときは、まずそれらの治療をします。義歯や治療中の歯があって局所的な刺激がある場合は、歯科でそれを治します。

舌炎への対処療法としては、口腔内を清潔に保ち、必要に応じてうがい薬を用いたり、ステロイド軟膏を塗布します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter