症状

スギやヒノキの花粉が目や鼻に入ることで起こるアレルギー反応です。鼻の症状(くしゃみ、鼻水、鼻詰まり)と目の症状(かゆみ、涙、結膜の充血)が主体です。症状は、原因となる花粉の飛散時期に現れるのが特徴です。

原因

アレルゲンとなる花粉にはさまざまな種類があり、飛散時期もまちまちです。代表的なものは、スギ(2〜4月)、ヒノキ(3〜5月)、カモガヤ(4〜7月)、ブタクサ(8〜10月)などです。

治療法

薬を用いる対処療法と、アレルギー体質を改善する根治療法があります。

対処療法では、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が使われます。これらの薬を、花粉の飛散が始まる2週間前から服用し始めると、症状が軽くてすむこともわかっています。

根治療法は、スギ花粉のエキスを定期的に注射し、原因物質に体を慣らす方法(減感作療法)で、2年以上続けると効果があるとされています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter