症状

アレルゲンとなる薬物を使用することによって起こるアレルギー反応です。原因薬物を服用した直後に症状が出るものから、1〜2週間後に発症するものまであり、症状も重篤なアナフィラキシーショックや発熱、薬疹まで多岐にわたります。

薬疹のなかには、皮膚が剥がれ落ちてしまう重い皮膚炎になるものもあります。

原因

アレルゲンになりやすい薬物として、ペニシリン系抗生物質、解熱鎮痛薬、一部の睡眠薬などがあります。

治療法

アレルゲンと考えられる薬物の使用はすぐ中止します。対処療法として、抗ヒスタミン薬やステロイド薬を用います。一度アレルギー反応を起こした薬や再度使用しないように記録しておきます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter