症状

肛門粘膜に裂け目(切れ目)ができて、排便時に痛みと出血をともないます。痛みは、排便後も続くことがあります。

原因

下痢の際の頻繁な排便や便秘で型居弁を排泄すると起こります。

治療法

坐薬や軟膏を用いる保存的療法を行うのが一般的です。肛門を清潔に保つことが大切で、排便後に肛門をぬるま湯で洗浄するのも症状緩和に有効です。

慢性化した場合は、肛門括約筋の一部を切開する手術が行われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter