症状

近いところにはピントが合ってよく見えますが、遠くにはピントが合わず、見えにくくなる状態です。

近視と言っても、良性と悪性があります。

単純(良性)近視

成長期に急激に進行するもので、学童期から始まることが多く、ほとんどが学校の健診で発見されます。

病的(悪性)近視

眼球が引き伸ばされ、眼底そのものに異変をきたします。網膜や脈絡膜まで引っ張られるので、ものを見るために不可欠な黄斑部に異常が起こり、視力低下だけでなく、視野が欠ける(視野欠損)こともあります。近視は幼い頃から始まり、進行していきます。

なお、圧倒的に多いのは単純近視で、病的近視は1%程度です。

原因

近視の原因は2つに大別されます。1つは軸性近視です。眼球の角膜から網膜までの長さが正常であれば、商店も合いますが、長すぎるとピントは網膜の手前で結ばれてしまい、遠くがぼやけて見えるようになります。

もう1つは屈折性近視で、これは角膜と水晶体の屈折力が強すぎてピントが合わない状態です。

これらの異常は、遺伝的な素因に環境要因が重なって生じるといわれています。

治療法

単純近視は、めがねやコンタクトレンズで矯正することで、正常な視力を得ることができます。

病的近視は、めがねをかけても視力は0.1から0.2くらいにしかなりません。

近視を改善する手術として、レーザーを用いる角膜切除術などがありますが、合併症の心配がありますし、術後数十年たってから不具合が生じることもあり得るので、慎重に検討する必要があります。

日常生活では、暗いところで読書をしたり、長時間テレビやパソコンの画面を見続けるといったことを避けるようにします。これらが近視の原因とはいちがいには言えませんが、目に緊張を強いることになり、一時的に近視の状態になることは確かです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter