症状

呼吸のしすぎで、血液中の二酸化炭素が過度に減少する病気です。

動悸が起こったり、酸欠状態のような息苦しさを覚えるほか、手足のしびれや脱力感に見舞われます。ときには、意識が薄れてしまうこともあります。

原因

呼吸のしすぎは、主にストレスによって起こります。過剰な不安感から息を吸い過ぎて、血液中の二酸化炭素が減ってしまいます。

その結果、血液がアルカリ性になり、めまい、手足のしびれなど不穏興奮状態が生じます。

治療法

患者の多くは、息苦しさからさらに呼吸をしようとして悪循環におちいります。まずは、息をゆっくり浅くするようにし、小さめの空のビニール袋などを口と鼻に当てがって、吐いた息を再び吸うようにします。つまり、自分が吐いた二酸化炭素を再び吸い込んで、酸素の吸入量を抑えることで呼吸が楽になってきます。

不安が強い場合は、抗不安薬などを服用することもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter