症状

近くも遠くも見えにくいのですが、近くを見るときによりピント調節が必要なため、目が疲れます。

原因

遠視は近視と逆で、外界から入った光が網膜のうしろで像を結ぶため、遠くも近くも見えにくい状態です。角膜から網膜までの距離(眼軸)が短い軸性遠視と、レンズ部分の屈折力が弱い屈折性遠視がありますが、大部分は軸性遠視で、先天的なものです。

治療法

程度が軽い場合は、矯正の必要はありませんが、目が疲れやすいとか、斜視や弱視の傾向がみられる場合は、凸レンズのめがねやコンタクトレンズを使用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter