症状

2〜10日(平均5日)の潜伏期ののち、発熱と悪寒・戦慄(ふるえ)、筋肉痛などインフルエンザのような症状で始まります。

熱はいったん下がるようにみえますが、肺炎へと進行して、再び高熱と咳が出て呼吸困難になります。下痢をすることもあります。

その後、発症者の約80%は軽快しますが、約20%は急速に呼吸困難が進行して集中治療が必要になります。

致死率は全体では約10%ですが、高齢者やなんらかの基礎疾患のある人は高くなります。

原因

SARSコロナウイルスの感染によって起こります。2002〜2003年に、中国広東省に端を発した世界的流行で、初めて発見された感染症です。自然界でこのウイルスを保有したり、媒介する動物や昆虫などについては、まだ解明されていません。

自然界からの感染経路は不明ですが、人から人への感染は主に飛沫感染で、血液や体液による接触感染もあると考えられています。

便による感染や、空気感染の可能性も否定できませんが、その頻度は低いとみられています。

周囲への感染性は、無症状の時期にはなく、肺炎になる前は弱いと考えられますが、十分な軽快が必要です。肺炎を起こしている時期の感染力は強く、重症者ほど強いとされています。

治療法

現在のところ、有効な特別の治療法はなく、対処療法(酸素投与、人工呼吸器の使用など)が中心になります。

流行地域に滞在して10日以内にインフルエンザのような症状が出た場合は、保健所や医療機関に前もって連絡し、その指示にしたがって受診することが大切です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter